お金になるおすすめ資格5選!副業や高卒でも高収入を目指せる

お金になるおすすめ資格5選!副業や高卒でも高収入を目指せる 資格

「お金になる資格はどれがおすすめ?」

「高卒だけど今から取れる資格はあるのかな?」

「副業でも稼げる資格は?」

など、資格取得にあたってこのような疑問を持つ人もいるでしょう。

実際にお金になる資格は世の中にたくさん存在し、なかには200万円の年収アップにつながるようなものまであります。

しかし、お金になる資格ほど難易度は高く、簡単には取得することができません。

それを分かった上で、本気でお金になる資格を取得したいという人は、ぜひこのページを参考にしてください。

この記事では、お金になるそれぞれの資格の特徴から合格率、合格のために必要な学習時間などが具体的に分かります。

お金になる資格を探している方は、ぜひご活用ください。

【副業もOK】お金になるおすすめの資格5選

お金になるおすすめの資格は以下の通りです。

  1. 宅地建物取引士
  2. 行政書士
  3. FP2級
  4. 日商簿記検定2級
  5. 公認会計士

これらの資格は副業でも使えますし、もちろん高卒スキルなしでも挑戦できます。

宅建士(宅地建物取引士)

おすすめポイント!受験資格なし
比較的難易度が低い
短期間で取得可能
合格率15~18%
必要な学習時間300時間程度
収入の目安約470万円〜626万円/年収
資格を活かせる業界不動産、金融、建築業界など

宅建士は不動産取引の専門家であることを証明する国家資格です。

宅建士の資格は受験資格に制限がなく、誰でも資格取得のチャンスがある人気資格の1つ。

比較的難易度も低く、独学でも十分に合格が狙えます。

また、不動産関連の法令は年々厳格化しているため、宅建士の需要は今後も高まることが予想されています。

人気が高まると倍率が高くなるため、気になっている人は早めの取得がおすすめです。

行政書士

おすすめポイント!受検資格なし
独立を視野に入れることができる
副業でも高収入が狙える
合格率10%~15%
必要な学習時間500~800時間
収入の目安600万程度/年収
資格を活かせる業務会社の法務部、行政手続きなど

行政手続きにあたる書類作成の専門家である行政書士。

こちらも受験資格に制限がなく、お金になるおすすめ資格の1つです。

行政書士の平均年収は500万円前後、うまくいけば2,000万円以上の収入を稼ぐこともできます。

また、行政書士を副業としている方も少なくありません。

副業でも100万円以上稼ぐ人もいるほどです。

“受験資格不問で高収入”と聞けば飛びつきたくなりますが、一般の資格に比べれば難易度は高めであることは覚悟しておきましょう。

FP2級

おすすめポイント!合格率が高い
活用できる幅が広い
私生活にも役立つ
合格率30%~40%
必要な学習時間150〜300時間
収入の目安400~800万/年収(企業の場合)
資格を活かせる業界保険業界、金融業界、税理士、公認会計士事務所など

FP(ファイナンシャルプランナー)とは、相談者のお金に関するサポートを行うお金の専門家です。

資格取得後は金融や保険業界に就職したり、独立したりすることもできます。

独立すれば、高い方で1,000万円ほどの収入も可能!お金になる資格の中でもとくにおすすめの資格です。

そんなFP2級の資格は、以下のうちいずれかの条件を満たしていないと試験には挑戦できません。

受験資格

・FP3級資格を持っている人

・AFP認定研修の修了者

・実務経験が2年以上ある人

FP3級の資格は受験資格に制限がなく、合格率も60〜70%と高い傾向にあるので、まずは3級を取得してから2級の資格に挑戦するのがおすすめです。

日商簿記検定2級

おすすめポイント!キャリアアップにつながる
転職・就職先の幅が広がる
起業したい人にもおすすめ!
合格率20〜30%
必要な学習時間250〜350時間
収入の目安350〜650万円/年収
資格を活かせる業務会社の法務部、行政手続きなど

日商簿記は、年間で70万人を超える受験者がいる大人気の資格です。

日商簿記の資格を活かしたいなら、最低でも「日商簿記2級」が必要です。また、1級を取得すれば税理士試験の受験資格を得られるなど、キャリアアップにもつながります。

日商簿記の資格は就職先・転職先の幅が広がり、勤め先の業種が限定されない点が魅力といえるでしょう。

また、財務諸表から企業の経営状況が分かるようになるため、ゆくゆくは独立  したい!と考えている人にもおすすめの資格です。

公認会計士

おすすめポイント!受験資格なし
年収が高い
将来性のある資格
合格率9.6%(2021年度)
必要な学習時間4,000時間
収入の目安1,000万円前後
資格を活かせる業界監査法人、投資銀行、コンサルティング会社、事業会社における内部監査

公認会計士は、企業や公益法人などが公開している財務情報を検査する会計の専門家です。

豊富な経営知識が求められ難易度が高い資格ですが、受験資格に要件はなく誰でも受験できるところが魅力です。

取得すれば、安定的に高収入が得られるため、挑戦する価値はあるでしょう。

ただし、公認会計士の資格は学習量が多いため、早い段階から勉強をはじめることをおすすめします。

お金になる資格を選ぶときのポイント

今回ご紹介した資格はほんの一部で、お金になる資格は他にもさまざまな種類があります。

取得したい資格が決まっていないという人は、次の3つのポイントをチェックしてみてください。

1.独立・開業できる資格かどうか

2.将来性のある資格かどうか

3.学習期間や資格取得にかかる費用

では、順番に見ていきましょう。

1.自分の興味のある分野かどうか

お金になる資格は、取得してからすぐに高収入が得られるわけではありません。

実際には、資格の取得後にいかに努力することができるかが重要です。

そのため、全く興味がない分野を選んでしまうと、資格の勉強をしている段階でモチベーションの維持ができなくなる可能性もあります。

やる気を持続させるには、少しでも自分の興味がある分野を選ぶべきです。

とはいえ、興味がある分野がないという方も少なくないですよね。

そんなときは、今までに興味を持ったことは何かを振り返ってみてください。

もしかすると、先延ばしにしていたことがあるかもしれません。

2.将来性のある資格かどうか

現段階で需要があっても、将来的に衰退する可能性をもった資格や業界もあるため、その資格を使って将来も稼げるかどうか検討するべきです。

日本でいうと、これから少子高齢化社会が進んでいき、外国人労働者が増えていくといわれています。

そのなかで、どのような業界・仕事の需要が増えていくかを考えていくのも、将来性のある資格かどうかの判断材料になります。

 

また、将来的にAIに取って代わられる仕事ではないか考えておくことも必要です。

3.独立・開業できる資格かどうか

これからの時代は独立して企業したり、フリーランスとして働くなど、個人が活躍するという流れが加速していくと予想されています。

そのため、資格を取得することで競合と差別化を図れるような資格を選ぶのもおすすめです。

会社員として働く一方で、独立も視野に入れられるスキルが身に付くと、働き方の視野が広がります。

まとめ|お金になる資格は高収入を狙える強い味方!

お金になるおすすめの資格をご紹介しました。

お金になる資格は世の中にたくさんありますが、とくにおすすめの資格は宅建士です。

独占業務を持ち、今後も需要が尽きることのない資格なので、頑張り次第でかなりの収入が期待できるでしょう。

また、FP(ファイナンシャルプランナー)の副業は在宅でできる業務もあるため、気軽にはじめられます。

現在の需要や今後の将来性を考慮しながら、自分にぴったりの資格を取得して、収入アップを目指しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました